• 06-6336-2388

    診療時間/9:30-12:30 15:30-20:00
    休診日/木曜・土曜午後・日曜・祝日

  • 080‐3016‐7692

  • お問い合わせ

  • LINEでお問い合わせ

入れ歯

患者様のご要望に合わせた
入れ歯を作製

入れ歯治療を検討されている方には、保険適用の入れ歯や、使い心地や審美性の良い入れ歯など、患者様のご要望に合わせた入れ歯の作製を行います。
現在、既に入れ歯を使われている患者様で、すぐに外れる、痛みがあるなどお困りの方は、気軽にご相談ください。

保険診療と自費診療

当院は保険診療と自費診療の入れ歯を扱っています。保険で作る入れ歯は費用が安く、修理しやすいなどのメリットがありますが、見た目や食事をする際の違和感をある程度覚悟しなければなりません。
自費診療であれば、素材や作り方を工夫することで、見た目の美しさや使用時の違和感の少なさを追求することが可能です。

メリット デメリット
保険診療の入れ歯
  • 少ない費用負担で制作することができます
  • 比較的短い治療期間で提供することができます
  • 素材の傾向から修理が比較的容易です
  • 薄く作ることが困難なので違和感を覚える人が多いです
  • 部分入れ歯では金属のばねが見えるので見た目のストレスがあります
  • 食感、軽さなど機能的に自費診療より劣ります
自費診療の入れ歯
  • 見た目の美しさにこだわることができます
  • 食べ物の温度を感じる、薄く作るなど機能の高さを追求できます
  • 噛みごたえが回復します
  • 保険の補助が無いので費用負担が大きくなります
  • 作製に時間がかかることがあります
  • 調整や修理は保険のものより難しい場合があります

当院で取り扱っている
入れ歯の種類

部分入れ歯

残存歯にバネを引っかけて固定します。保険の場合、金属を使うので見た目の違和感があります。また、金属アレルギーのリスクもあるので、心配な方には自費診療がおすすめです。

総入れ歯

すべての歯を失ったときのための入れ歯です。保険適用の場合、歯肉に接する部分に使用するレジンという素材を、強度維持のために厚く作る必要があります。そのため装着時の違和感が気になるという方もいらっしゃいます。

入れ歯の素材

金属床義歯

お口の粘膜に触れる部分を金属で作る自費診療の入れ歯です。金属の強度を利用して薄く作ることができるので、保険診療の入れ歯に比べると装着時の違和感が少ないメリットがあります。また、金属の熱伝導率の高さによって食べ物の温度を感じやすいので、自然な感覚で食事ができるのも大きな利点です。

ノンクラスプデンチャー

金属のバネがない、自費診療の部分入れ歯です。保険診療の部分入れ歯は見た目の違和感が気になる人が多いですが、ノンクラスプデンチャーは見た目が自然です。また、金属アレルギーのリスクもありません。

長く使うためにはメンテナンスが大切

入れ歯は適切なメンテナンスをすることで、長く快適に使用することができます。しかしお手入れをおこたると、雑菌が繁殖して不衛生ですし、ニオイの原因にもなります。入れ歯のお手入れには、天然歯用の歯ブラシや歯磨き剤は使用せず、専用の道具で毎日しっかり清掃しましょう。当院では入れ歯をお渡しする際に、お手入れの仕方を丁寧にレクチャーしています。

入れ歯の料金

部分床義歯コバルトクロームフレーム 275,000円(税込)
総義歯コバルトクロームフレーム 330,000円(税込)
ノンクラスプ 1~3歯破損 154,000円(税込)
ノンクラスプ 4~7歯破損 187,000円(税込)
ノンクラスプ 8~14歯破損 220,000円(税込)

ページトップへ戻る