MENU

小児歯科

  • HOME
  • 小児歯科
  •  

    「お子様は泣かせない」「歯科治療に恐怖心を持たせない」というのが尾口歯科クリニックのこだわりです。 治療を怖がる、緊張が強いなどのお子様にはムリな治療はせず、まずは雰囲気に慣れてもらう所からスタートします。

    小児治療の流れ

    1歯医者さんの雰囲気に慣れよう!

    尾口歯科クリニックの待合室や診療室には、笑顔キッズの写真がいっぱい! たくさんの写真の中から、仲良しのお友だちを見つけるのも子ども達の楽しみの一つです。 みんな笑顔の写真ばっかりだから、勇気をもらって頑張れるお子様も多いんですよ!

    2歯医者さんはこんなところ

    診療台の横には、歯医者さんが使うたくさんの器具が並んでいます。 どんな道具を使うのかな?これは何に使うの? 好奇心旺盛な子ども達は、実際に器械を見てもらうことが安心にも繋がります。

    3ひとりで座れるもん!

    お母さんやお父さんから離れて、一人で治療台に座る練習です。 スタッフが優しく誘導しますので、安心してくださいね。

    4お口の中はどんな感じ?

    写真や鏡を使って、人間のお口の中の様子に興味を持ってもらいます。 お口や歯を実際に触ってみて、少しずつ治療の雰囲気に慣れてもらいます。

    5怖くない!痛くない!

    麻酔注射が必要な治療では、針を刺す痛みを消す表面麻酔を行います。 針を刺されたことに気付かない人もいるくらい、痛みに対して丁寧に対処します。

    むし歯予防

    フッ素コーティング

    定期的に歯の表面にフッ素コーティングをして、むし歯に強い歯を作ります。 また、毎日のブラッシングには、フッ素入りの歯磨き剤の使用をおすすめします。

    シーラント

    初期むし歯の治療としても行われる予防法です。 奥歯の溝など、むし歯ができやすい部分にシールをしてむし歯を予防します。

    大人も一緒にブラッシング指導

    フッ素コーティングもシーラントも、お子様のむし予防として有効な処置です。しかし、すでにむし歯になっているお子様は、先にむし歯を完全に治療しなければ、何度でも再発してしまいます。 むし歯予防には、毎日の歯磨きは欠かせません。 小さなお子様の場合は、必ず大人が最後にきちんと磨けているかをチェックして、磨き残しがないように「仕上げ磨き」をしてあげてください。

    まずは、歯みがきの重要性、正しいブラッシングを子どもにわかりやすく説明して、お子様の「歯への意識」を高めていただきます。 もちろん、大人も一緒に「大切なお子様の大切な歯」について、しっかり理解し、正しいブラッシングを身に着けていただきます。 歯科衛生士がブラッシング指導を行いますので、わからない点があればどんなことでも質問してくださいね。

    ご予約・お問合せはお気軽に

    ズキズキ痛むむし歯、しっくりこない入れ歯、人前で笑えない口元のコンプレックスなど
    お口と歯の悩みは「尾口歯科クリニック」までご相談ください。

    クリニックブログCLINIC BLOG